お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報


複数社からのお借り入れがあり、返済にお困りの方は中央リテールでおまとめがおすすめです↓

プロミスのウェブ完結で実際に即日融資で借りてみました

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

SMBC モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

中央リテール 他社借り入れで返済が大変な方はこちら

アコム 初めての方は最長30日間→利息0円

アイフル

    

年末年始の忘年会やら新年会の出費で、貯金が尽きてしまい、経済的に余裕がなくなってしまいました。

どうしても急ぎでお金が必要で、友達にも頼れる状況じゃなかったので、今回消費者金融のプロミスを利用してキャッシングを行いました。
今回ここでは実際にプロミスで借り入れした流れについて紹介します。

【1】まずプロミスのホームページにアクセス

まず最初にプロミスのホームページにアクセスしました。

プロミスのネットでの申し込み方法は「カンタン入力」と「フル入力」の2種類です。
今回は始めてで不安な面も多かったので「カンタン入力」を選びました。

【2】「お客様情報」を入力していく

「カンタン入力」のボタンをクリックすると以下の画面に移動しますので、それぞれの情報を入力していきます。

まず、氏名を始めとする基本情報を入力します。

次に自宅情報を入力します。

次に勤務先の情報を入力します。


ちなみに僕は雇用形態は「正社員」、年収は「400万円」と入力しました。

次に契約方法を「Web」もしくは「来店」のいずれかから選びます。

僕は今回Webで手続きを完結させることができる「Web完結」のサービスを利用したかったので、上の「Web」を選択しました。
※また、初回限定の30日間の無利息サービスを利用するためには契約方法をWebにして書面の受け取り方法を「Web明細」にすることと、メールアドレスの登録が必要です。
無利息サービスは非常にお得ですので、もしも利用したい場合は契約方法をWebにするのを忘れないようにして下さい。

次にメールアドレスとパスワードの入力を行います。

次に書面の受け取り方法を選択します。

先ほど書いた「無利息サービス」を利用したかったので、僕は「Web明細」を選択しました。
また自宅へ明細を送ってほしくないという方は「Web明細」を選択する必要があるので気を付けましょう。

次に申し込みについての連絡先を選びます。

僕は希望連絡先を「携帯電話・PHS」に、希望連絡時間を急いでいたので「なるべく早く」にしました。

全ての記入が終わったら「同意して入力内容を確認」を押します。

【3】入力した情報を確認する

「同意して入力内容を確認」を押すと、以下のような入力内容の確認画面が表示されました。

内容を確認して間違いがなかったので、下部の「この内容で次に進む」をクリックしました。

【4】電話での追加情報の伝達

申し込みを送った後すぐにプロミスのオペレーターさんより電話がありました。
以下、プロミスオペレーターのU海さん(以下U)と私の電話でのやり取りの概要になります。

————————-

U:恐れ入ります。U海と申し込ますが、山本陽介さまでしょうか?

僕:はい、そうです。

U:私お申し込み頂きましたプロミスのU海と申します。この度は数あるカード会社の中からプロミスをお選び頂き、ありがとうございます。

早速ではございますが、審査に必要なお客様の追加情報を追加でお伺いしたいのですが、お時間今から20分ほどいかがでしょうか?

僕:大丈夫です。

U:ありがとうございます。失礼ですが山本様は今回お申し込みいただきましたご本人様でいらっしゃいますか?

僕:そうです。

U:ご本人様確認のため、生年月日の1900から始まります西暦でお聞かせいただけますか?

僕:1993年2月26日です。

U:お生まれの干支は何年でしょうか?

僕:酉年です。

U:ありがとうございます。今回のご利用でございますが、いつ頃必要でいらっしゃいますか?

僕:なるべく早めを希望しています。

U:早めを希望と言う事ですね。かしこまりました。審査後にお客様お持ちの銀行口座への振り込みでのご融資希望というのはございますでしょうか?

僕:はい。

U:では三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をお持ちですと本日の振り込み可能となりますが、お持ちでいらっしゃいますか?

僕:その2つの銀行の口座は持っていないです。

U:左様でございますか。そうされると、ご希望される銀行名はどちらになりますでしょうか?

————————-

ここで銀行口座を聞かれたので、僕は口座を持っている「りそな銀行」と「ゆうちょ銀行」の2つを希望として伝えました。

————————-

U:そうしますと本日の14時50分までに全ての契約手続きが完了いたしますと、本日の振り込みが可能となります。お時間過ぎてしまいますと、本日が金曜日ですので月曜日の振り込みとなります。

僕:分かりました。

————————-

もしも急ぎの場合はスマートフォンを持っている場合はプロミスのアプリを使ってセブン銀行ATMで借り入れをする方法もあるという事でした。ですが今回は月曜日に間に合えばギリギリ大丈夫という状況だったので「大丈夫です」と伝えました。

————————-

U:ご希望金額をお聞かせ頂けますでしょうか?

僕:10万円です(すぐに必要なのは1万円でしたが、いくつかの支払いが立て込んでいたので10万円にしました)

U:ご利用いただけます目的を簡単にお聞かせ頂けますか?

僕:年末に出費が立て込んでしまった関係で金欠になってしまい、生活費のサポートとしての融資を希望しています。

U:それではインターネットでご入力いただきました内容について確認させて頂きます。

————————-

ここでは申し込んだ氏名や住所などの情報の他に、携帯電話の名義、勤務先の入社年月日、月収、以前に住んだ事がある街の住所、勤務先の会社名と住所と業務内容、資格の有無、運転免許証の有無(僕は持っていませんでした)、他社からの借り入れの有無など、いくつかの点を質問されました。

プロミスでの借り入れが50万円を超える場合、また他社との借入金額の総額が100万円を超える場合は「収入証明書」が必要となるという点などについての説明もありました。

そして次に、消費者金融での借り入れには必須となる「勤務先の在籍確認」についての説明がありました。

————————-

U:弊社の一環として、個人名にてお勤め先にお勤めされている確認のお電話をさせていただきます。
当然、プロミスであることは明かさずにお客様のプライバシーに充分配慮いたしますのでご安心下さい。
このお電話が終了した後、20分ほどでお勤め先にお電話差し上げてもよろしいでしょうか?

僕:はい、大丈夫です。

U:万が一、確認が取れない場合でございますが、直近1ヶ月分の給与明細をご用意いただく事は可能でしょうか?

僕:はい、大丈夫です。

U:ありがとうございます。では、お伺いした情報を元にお手続きを進めて参ります。
契約には本人確認書類のご提出が必要となります。

————————-

続いて本人確認書類についての説明がありました。
本人確認書類としては運転免許証が最適のようですが、僕は既に持っていない事を先にU海さんに伝えていたので、別の書類の提案として
顔写真が載っている書類であるパスポートや住基カードやマイナンバーなどを提案されました。
僕はパスポートを持っていたので、パスポートを持っている事を伝えました。
(パスポートは有効期限内のもので、現住所が正しく記載されているものである必要がありますので気を付けましょう)

また僕は国民健康保険証も持っていたので、パスポートと保険証の2つで本人確認を行うことになりました。

————————-

U:ではご本人様確認書類のご呈示に関しましては1次審査の結果が出ましたらメールにてご案内を送らせて頂きますので、メールが届きましたら、携帯で写真を角が切れないように撮っていただきましてお送り下さりますようお願い致します。
万が一、書類のご提出がない場合、当社からご連絡する場合や、申し込みの手続きを終了させて頂く事がございますので、あらかじめご了承下さい。

僕:はい、わかりました。

————————-

大まかには以上のようなやり取りでした。

ちなみに仕事での休憩時間にこのやりとりを行いましたが、会社に戻り、上司に電話があったかどうかを確認しましたが、以下のようなやり取りだったようです。

————————-

U:U海と申しますが、山本さんはいらっしゃいますか?

上司:山本は現在、昼休憩に出ています。

U:分かりました。それでは携帯電話の方に電話してみます。

————————-

ちなみにこの在籍確認の電話は「非通知」で掛かってきたとの事でした。
一見非通知というのは怪しいですが、実際に電話番号の通知ありで掛かってきた場合、上司が折り返して電話をしてプロミスである事がバレてしまったかもしれないので、結果的には良かったのではないかと思っています。
(というか、そのような状況を見越した上でのプロミスの対応だったのだと思います)

【5】本人確認書類の提出

電話があって10〜15分ほどでプロミスより1次審査完了のメールが来ました。

1次審査は無事通過できたようです。
書類提出のためのリンクが貼られているので、クリックして最初に登録したパスワードを入力します。
クリックすると以下のページに移動します。

パスワードを入力して、ログインします。
ログインすると、以下のような縦長のページが表示されます。
(※長過ぎるので中間を省略しています。)

画面の真ん中辺りに「書類送信フォームへ」のボタンがありますので、それを押す事でフォームへ移動できます。

こちらが書類送信フォームです。

こちらのフォームから、携帯のカメラで撮影した「本人確認書類」を送信します。
写真が複数ある場合は「画像②」「画像③」を使って送信します。
ちなみに僕は以下のように写真を撮影して、2枚に分けて送りました。

必要書類を提出して30分ほどで2次審査の結果の連絡メールが届きました。
そして、その結果は・・・

無事、審査を通過できたようです!
借り入れ希望額の10万円を達成できただけではなく、50万円までの借り入れが可能となりました。
下部の「確認して次へ」をタップします。

【6】契約前の確認

「確認して次へ」をタップすると以下の「契約前の確認」の画面に移ります。
①〜⑤のそれぞれの順番でチェックしていきました。

「入力内容を確認する」をクリックすると以下の画面に移ります。

それぞれの内容に間違いがなければ「同意して次へ」を押します。

【7】金融機関のホームページでの手続き

次に以下の画面が表示されます。
(※中間を省略しています。)

Web完結と口座振替(口フリ)を利用する場合は金融機関のホームページでの手続きが必要になります。
今回僕は上記の2つのサービスを利用したかったので、下部の「金融機関検索へ」のボタンを押して次へと進みました。

そうすると次に「金融機関検索」のページへと移ります。

僕は口座振替先に「ゆうちょ銀行」を希望していたので「ゆ」のボタンを押しました。
そうすると、それぞれの頭文字ごとの金融機関が表示されますので、希望の金融機関を選択します。

希望の金融機関をタップすると「口座振替のお申込み」のページへと移ります。
ページ下部の「口座振替申込」の項目で「Webで申込み」をするか「書面で申込み」をするかを選びます。
僕はWebでの申込みを希望でしたので、「この金融機関にWebでお申込み」のボタンを押しました。

次に確認画面に移りましたので、金融機関名と口座名義人名をチェックした上で「金融機関へ」のボタンを押しました。

「金融機関へ」のボタンを押すとゆうちょ銀行の「利用規定確認ページ」へと移動しました。
(利用規程の同意事項は長いので割愛します)

同意事項を一通りチェックした後、「同意する」を押しました。

口座情報の確認のページに移りますので、口座番号の記号を入力して「進む」を押します。

次の画面で「口座の番号」と「生年月日」を入力します。
入力が終わったら下の「進む」を押します。

確認画面に移りますので、表示された内容に間違いがなければ「進む」を押します。

次の画面で本人確認のためにキャッシュカードの暗証番号を入力します。
入力が終わったら下の「進む」を押します。

確認画面に移りますので、表示された内容に間違いがなければ「口座振替申込」を押します。

「口座振替申込」のボタンを押すとプロミスのページに戻り、以下の「口座振替登録完了」の表示がされました。

「次へ」をタップします。

【8】契約前の確認

「次へ」をタップすると「ご契約前のご確認」のページへと移ります。

・振込融資希望

「希望する」を選びました。

・振込希望額

取り急ぎ1万円を借りたかったので「1」と入力しました。

・金融機関名

「振替口座と同一」を選びました。

・支店名

口座を開設した、ゆうちょ銀行の支店名を設定しました。

・口座種別・口座番号

口座を開設した、ゆうちょ銀行の口座種別と口座番号を設定しました。

・振込名義人

口座振替の振込名義人を「プロミス」もしくは「パルセンター」のいずれかから選びます。
通帳に記帳した際に「プロミス」だとキャッシングを利用したのがバレるので僕は「パルセンター」を選びました。

・カードについて

プロミスはカードの発行なしでも口座振替で借り入れができますが、もしもの時にカードが必要になる可能性もあると思ったので「不要」ではなく「来店」を選びました。
現在まだカードは発行していませんが、カードが必要になった際には店頭窓口か契約機で発行しようと思っています。

全ての情報を入力し、漏れがないか確認したら、下部の「入力内容を確認する」を押します。

次に確認画面が表示されました。

確認画面に表示された振込についての情報に間違いがなかったので、
下部の「確認して次へ」を押しました。

【9】三井住友VISAプリペイドカードについて

「確認して次へ」を押すと次に「三井住友VISAプリペイドカード」についてのページに移ります。

これは任意の項目で、不要なら「希望しない」を選べば大丈夫ですが、僕は「あっても損はないし、1,000円分チャージされているプリペイドカードが貰えるなら良いか!」と思ったので、ついでに申し込んでおきました。
申し込んだ場合でも、申し込まなかった場合でも、次には「契約内容説明書の確認」のページへと進みます。
(今回プリペイドカードの申込みについては割愛します)

【10】契約内容説明書の確認

次にプロミスの契約内容説明書を確認します(長いので中間を省略します)。

契約内容説明書を確認し、問題がなければ「同意して契約」を押す事によって契約が完了します。
長いので後でゆっくり読みたい場合は、「メール送信」をクリックして自分のアドレスにメールで契約内容説明書を送る事ができます。(僕も後でじっくり読みたかったのでメールを送信しました)

【11】契約と振り込みが完了

「同意して契約」を押す事によって、契約とプロミスからの融資金の振り込みを完了させることができました!

登録画面に「プロミスのWeb-IDについての案内を送信しました」との記載がされているので、次にメールをチェックしてみます。

ちなみに後でATMに行って記帳しましたが、通帳には以下のように記載されていました。

申込み内容通り「プロミス」ではなく、「パルセンター」での1万円の振り込みが完了していました!
これなら万が一知り合いに通帳を見られてもキャッシングを利用したと思われず安心です。

では、次にプロミスからのメールをチェックしてみましょう。

【12】プロミスのWeb-IDの登録

先ほど画面に記載されていたように、プロミスから「Web-ID設定のお願い」のメールが届いていました。

メールに記載されているリンクを押します。

次に登録画面が表示されますので、自分で考えたWeb-IDを入力して、「入力内容を確認する」を押します。

確認画面に移りますので、表示されている内容に間違いがないかどうかを確認して「実行する」を押します。

これでWeb-IDの登録が完了しました。

【13】会員専用ページにアクセス

では登録したWeb-IDの情報で早速ログインしてみます。

こちらの「会員専用ページ」で「インターネット返済の手続き」、「振込キャッシングの手続き」、「プリペイドカード番号の登録・変更」などを行うことができます。

【13】まとめ

以上が、大まかなプロミスでの申込みから借り入れまでのレポートになります。

筆者はプロミスが初めてのキャッシングの利用でしたので、不安も少しありましたが、オペレーターさんも丁寧な対応で、手順について分かりやすく説明してもらいながら申込みを進めることが出来たので安心感がありましたし、結果的には限度額50万円と、想像以上に大きな限度額で契約できたので良かったです。

しかし、返せる見込みのない金額まで借り入れてしまい、返済地獄に陥るのは恐ろしいので、身分をわきまえた節度のある利用をしていこうと思っています(笑)

やや長いレポートとなりましたが、ここまでお読みいただき、ありがとうございます!