お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

総量規制対象外のキャッシング

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

誤解のないようにお話しておきますが、改正利息制限法による総量規制の対象となるのは、貸金業者(消費者金融)だけです。したがって、銀行・信金・労金等からのキャッシングは総量規制受けません。

失われた20年と呼ばれたバブル景気以降の長期不況のため、日本を代表する大企業も、銀行から融資を受けてまで事業拡大や設備投資を行うことはなく、銀行も企業融資による収益は期待できない状況だったところに、この法改正は銀行にとって大きな朗報でした。

反対に、費者金融は規制により、利子収入が激減し、なおかつ融資量も縮小せざるを得なくなり、収益は急速に悪化しました。加えて、過払い金返還請求により企業イメージ、収益ともに大打撃を受けました。

総量規制の対象外である銀行は、個人融資に精通した貸金業者をグループ会社に取り込み、銀行も個人向けのキャッシングを始めたのが、ちょうどその時期です。今も社名が残っている消費者金融業者の多くは、大手銀行の傘下にあり、貸金業や銀行のキャッシングカードの保証会社になっています。

銀行がターゲットとしているのは、消費者金融から年収の3分の1以上キャッシングしており、これ以上キャッシングできない人です。総量規制対象外という武器を使って、借り換えローンやおまとめローンというキャッシング商品を主力にしています。

また、小口のキャッシング部門にも進出してきており、銀行ならではの低金利、高い融資限度額を設定したキャッシング商品を提供しています。万一に備えて、メインバンクのキャッシングカードくらいは持っておいてはいかがでしょうか。