お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

総量規制にも例外があります

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

厳格なように思える総量規制ですが、実は6項目ほど例外があります。

1つ目はキャッシング側が有利となる融資先の変更、2つ目はキャッシング残高を徐々に減少させるための融資先の変更です。これは、キャッシングを利用している今の業者よりも低い利息で融資を受けられるケース、キャッシング先が複数あるものを1つにまとめることで低金利になるケースを想定しています。

キャッシングは残高が大きいほど金利が低くなりますので、5社から利息18%で50万円ずつキャッシングするよりも、1社から利息14%で250万円をキャッシングした方が、返済総額も毎月の返済額の負担も小さくなります。一般的には、「おまとめローン」、「借り換えローン」と呼ばれているものです。

3つ目はキャッシング利用者本人や家族、親類縁者に急病で倒れたり、事故のため急に医療費が必要となるケース、4つ目はキャッシング利用者本人の年収だけでは総量規制を超えてしまうため、配偶者の年収を併せて収入の3分の1以内にするケースです。

5つ目は個人で事業を行う場合で、将来成長する可能性が高いが当面の運転資金が足りないケース、6つ目は定期預金などが銀行や郵便局にあり、その満期まであるいは解約して現金を受け取るまでのつなぎ融資です。定期預金があれば、それを担保に低利で融資を受けられますので、そのケースも含まれます。

キャッシングの負担を軽減するという意味で有効なのは、「おまとめローン」、「借り換えローン」の利用が現実的だと思います。