お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

業態別のキャッシング比較

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

    

三つに分類

キャッシングは大きく分けて、銀行、消費者金融業者、信販会社によるサービスに分けることができます。
業者ごとに、金利、審査、借入限度額、サービスなどに特徴があり、当然メリットもあればデメリットもあります。
キャッシングを利用する場合は、まず業態別の比較をすると、自分に適したサービスをイメージしやすくなるでしょう。

銀行の特徴

銀行でキャッシングを利用する場合、総量規制が適用されないというメリットがあります。
貸金業者ではないため、年収の3分の1を超える融資を受けることも可能です。
また、100万円以下の借入であれば、収入証明書を必要としないケースがほとんどです。
さらに、経営母体がしっかりしている上に、法律的な面でも金利が安くなっています。
もちろん、その分審査は厳しくなり、定職に就いて収入が安定していることが最低条件となりますが、もし審査条件をクリアできそうなら第一に利用を検討するべきでしょう。

消費者金融業者の特徴

2010年に貸金業法が改定されてから、経営が苦しくなり、現在は大手銀行の傘下に入ってバックアップを受けて、銀行系キャッシングと呼ばれることが多くなっています。
利用者にとって便利なサービスを提供しているのが特徴です。
一般的に融資スピードが早く、即日どころか30分で融資を受けられる業者も登場しています。
また、店舗や自動契約機の数が多く、コンビニや金融機関のATMでの借入や返済も容易です。
銀行に比べれば金利が高く、総量規制の対象になってしまいますが、審査が甘い傾向があり、パートやアルバイトでも融資を受けることができます。

信販会社の特徴

最近のクレジットカードにはショッピング枠の他に、キャッシング枠が付帯しており非常に便利です。
審査も申し込み時に一度に受けることができますし、ショッピング枠で足りないお金を補填できるメリットがあります。
ただ、審査やカード発行に時間が掛かったり、借入限度額が少なめに設定されるので、あくまでも買い物のサポート的な役割で使用するといいでしょう。