お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

多重債務に気をつけましょう

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

初めてキャッシングしたときは、借金をする後ろめたさでドキドキしたものですが、慣れというのは恐ろしいもので、返済・キャッシングを繰り返しているうちに、感覚が麻痺してきます。「後で返せばいいんだろ」という楽観的に考えて、キャッシングカードが打ち出の小槌のように思えてくるものです。経験者ですので、よくわかります。

しかしこのようにわたしのような使い方をしていますと、あっという間に借金が膨れ上がり、返済するためにキャッシングをするようになります。こうなると借金が増える一方で、元金はいつまでたっても減りません。契約した上限額を超えるのも時間の問題です。

そうなると、新たにキャッシングカードを作る必要になります。借金があっても、遅延することなく返済していれば、個人信用情報機関に事故情報はありませんので、総量規制の範囲内でまたキャッシングができるようになります。

これを繰り返した結果、陥る先が多重債務者です。返済が追いつかなくなれば、自己破産か個人再生しか手はありません。すぐに弁護士事務所に電話しましょう。

恥ずかしながら、多重債務で返済不能になり、現在、個人再生制度を利用して人生再建中の身です。弁護士に依頼すると、個人再生手続き中という通知が各金融機関に出され、その時点で返済が一時猶予されます。個人再生を裁判所に申請し許可が降りれば、返済額は債務残高の5分の1まで圧縮されますので、それを3~5年かけて返済します。

というわけで、こうなる前にできるだけの手は打っておきましょう。まず、最初にやるべきことは現実を直視することです。自分がどこの金融機関からいくらキャッシングしているか、すべて書き出してください。そして返済計画を立てましょう。金利の高い借金から優先的に処理していくのが、おすすめです。

そして、毎月の返済にいくら必要なのかをはっきりさせましょう。金額や債務件数によっては、低金利の「おまとめローン」が使える可能性もありますし、方法はいくらでもあります。

まずは多重債務者にならないように、常にキャッシング残高を把握しておくこと、そして返済のためのキャッシングをしないこと。これを肝に銘じておいてください。