お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

各種銀行カードのキャッシングの特徴

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

銀行カードのキャッシングは大きく2つに分けられます。ひとつは日本を代表するメガバンクや地域密着型の地方銀行・信用金庫のカードキャッシング、もうひとつは実店舗を持たないネット銀行系のカードキャッシングです。

店舗型カードキャッシングの代表例をいくつか上げていきます。まずメガバンク系ですと、融資限度額800万円~1000万円、年利は3.0~15.0%くらいが相場です。バンクイック(東京三菱UFJ銀行)、三井住友銀行カードローン(三井住友銀行)、りそな銀行プレミアムカードローン(りそな銀行)、みずほ銀行カードローン(みずほ銀行)が該当するキャッシングです。

地方銀行ですと地元北海道では、ラピッド(北海道銀行)、アルカ(北洋銀行)があります。融資限度額は500万円程度、年利は6.0~15.0%くらいです。メガバンクにはかないませんが小口のキャッシングには十分だと思います。他には、ロウキング(労働金庫)が融資額50万円、年利8.8%と小口融資の割に年利が低い、消費者にやさしいキャッシングカードもあります。

ネット銀行では、ジャパンネット銀行、楽天銀行、オリックス銀行等が個人向けのキャッシング、おまとめローンを扱っています。実店舗を持たないネット銀行は固定費が不要ですから、その分を顧客サービスに還元できますので、メガバンク並みのキャッシングが可能です。ジャパンネット銀行は、融資限度額1000万円、年利は2.5~18.0%、楽天銀行スーパーローンは、融資限度額500万円、年利は4.9~14.5%です。

メインバンク1枚、ネット銀行1枚ずつキャッシングカードがあると、何かと便利ですよ。