お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

他の金融機関に借金があるときは

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

低金利・総量規制対象外が売りものの、銀行キャッシングカードは、一般に貸金業者の審査基準よりも厳しいと言われています。すでに、他の金融機関から年収の3分の1以上のキャッシングあるケースでも、総量規制対象外の銀行なら「おまとめローン」や「借り換えローン」で新たにキャッシングができる可能性があります。では、どうすればよいのでしょうか。

ひとつめの条件として、直近6ヶ月間はきちんと契約どおりに返済しておく必要があります。返済の遅れや滞納は事故情報として個人信用情報機関に6ヶ月間登録されますので、審査をクリアするのは難しいでしょう。契約どおりに毎月返済している場合は、「おまとめ」や「借り換え」による債務の1本化に応じてくれる可能性が高くなります。

ふたつめとしては、銀行口座の残高不足によるクレジットカードの未引き落としも事故情報として、登録されてしまいます。これも直近6ヶ月以内にあると大きな痛手になります。

みっつめとしては、キャッシング申し込みの際に、現在の借金がある件数とキャッシング残高を記入する欄に正直に申告することです。抱えているキャッシング残高は、少ない方が審査の際に有利なのは確かですが、個人信用情報機関に照会した段階ですぐにわかってしまいます。結果として、あなたは「嘘つき」というレッテルを貼られ、大きく信用を損なう羽目になるだけです。

事故情報として記録に残る直近6ヶ月間は、契約どおりに返済を続けること、クレジットカード口座残高に注意すること、キャッシング申請時には正直に申告することが、銀行からキャッシングするための最低限のルールです。