お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

上手なキャッシングの利用方法

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

キャッシングとは本来「現金化する」という意味です。何かを担保に小口の融資を受けることと言い換えることもできます。

一般に「キャッシング」と言えば、クレジットカードに付いているキャッシング枠を指しますが、最近は、金融機関のボーダーレス化が進み「カードローン」との境界がどんどん曖昧になってきていますので、ここでは「お金を借りる」という意味では同義語ですので、「カードローン」も「キャシング」の一部として、お話したいと思います。

まず、クレジットカードの「キャッシング」についてお話します。クレジットカードは、現金を使わずに買い物をすることが主な目的です。高額な買い物をする時でも、多額の現金を持ち歩く必要がないので、安心して出かけられるというメリットがあります。クレジットカードには、使用する人の信用度によってショッピング上限額があり、さらにその限度額内でキャッシング可能額が設定されています。ちょっとわかりにくいですかね。

例えば100万円のショッピング限度額があるとしましょう。そして、そのうちの50万円がキャッシング可能額に設定されている場合は、買い物をする代わりに現金として引き出せるのは50万円までということです。これはショッピング限度額の内数なので、50万円をキャッシングすると、ショッピング可能額は50万円となります。

反対に、すでに70万円をショッピングで使用していた場合は、キャッシング可能額50万円でも、100万円-70万円=30万円までしか、現金を引き出すことはできません。ショッピング限度額とキャッシング可能額をよく理解しないで使用している方がいますので、注意してください。

返済方法は一括払いかリボ払いが選べますが、返済日にショッピングの請求と同様に決められた日に銀行口座から借り入れした期間分の利息とともに引き落とされます。

一方、キャッシングに特化した「カードローン」は、設定された限度額いっぱいまで現金化することができますし、約定返済日に限らずいつでも返済可能です。例えば給料日まであと3日というところで、3万円程度の現金が必要になったとします。

クレジットカードのキャッシングを使用した場合、翌月の返済日まで30日以上の利息がかかりますが、カードローンの場合は給料日に返済すれば3日間の利息負担だけで済みます。どちらが経済的かは一目瞭然です。