お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

こっそり債務整理する方法

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

多重債務から脱出する方法として3つの方法を紹介します。

ひとつめは「任意整理」です。これは弁護士に依頼して、キャッシングがある金融機関それぞれと個別に交渉してもらう方法です。交渉内容は債務の減額と返済期間の延長になりますが、キャッシング先の数が多いと時間がかかるというデメリットがあります。個々に交渉するので、こっそり債務整理するのに適した方法です。

ふたつめは「個人再生制度」です。キャッシング残高合計の20%と手持ちの財産を計算して多い方を債務とします。返済期間は3年が標準ですが返済額が大きい場合は5年まで延長できます。この方法も基本的に債務情報が漏れませんので、こっそり債務整理するのに適した方法ですが、まれに債権者が会社に電話したりすることがあるようです。

みっつめは「自己破産」です。裁判所に申請し、財産を全て処分して借金返済に充てる方法ですが、ご近所にも会社にもすべて知られてしまいますので、メリットはほとんどありません。

多重債務で苦しんでいる人は、ふたつめの「個人再生制度」を利用するのが主流のようです。「自己破産」の場合は、住む場所も仕事も失ってしまうケースが多く、その後の生活に支障が大きいためです。「個人再生制度」の場合は、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることはできなくなりますが、最低限、住居と仕事は守れますので、その後の生活に与える影響は少ないです。といっても、借金を80%も踏み倒したことは、しっかり反省する必要があります。

弁護士に依頼しますと、すぐにキャッシングした金融機関に連絡が入り、返済が猶予されます。返済に充てていたお金を積み立てて、弁護士報酬に達した時点で着手してもらうことができますので、お金がなくても何とでもなります。

多重債務者にならないことが一番望ましいことですが、もしもなってしまったら、速やかに債務整理に入りましょう。