お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

キャッシングのデメリット

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

お金が急に必要になった時、役立ってくれるのがキャッシングです。
とても便利ではあるのですが、その反面でデメリットもあるので、そこをきちんと理解してから利用するようにしてください。
既に利用した後で、こんなデメリットがあったなんて知らなかったではすみませんので、しっかりと覚えておきましょう。

キャッシングにはどんなデメリットがあるのか知っておこう

キャッシングのデメリットとして大きいのは金利です。
少し前と比較すると、グレーゾーン金利の撤廃があり、金利は随分と軽減されましたが、やはり他のローンと比べると高い部類に入ります。

しかし、これはキャッシングという融資の形態を考えた時には、ある意味で仕方ないことではあるのです。
住宅ローンや自動車ローンを利用している人は多いですが、その金利というのはかなり低い設定になっているはずです。
しかし、キャッシングの場合は4%~18%くらいが一般的な金利になります。
この金利に幅があるのは、利用限度額とあわせてスライドしていく形になり、利用限度額が大きくなればなるほど低い金利でお金を借りることが可能です。
ただキャッシングの申し込みをした段階で、いきなり大きなお金を借りるのはかなり条件が整っていないと難しいのが事実です。

何故なのかと言うと、キャッシングは信用が第一だからです。
住宅ローンや自動車ローンと違って、キャッシングは担保も保証人も必要ありません。
ですので、お金を融資することになるキャッシング会社としては、万が一のことがあった時には融資したお金を回収できなくなります。

結果、他のローンと比較して高めの設定になっているのです。
近年では保証会社への加入が義務づけられているケースも増えていますが、キャッシングの特性を考えるとある程度の金利は仕方ありません。

金利以外のキャッシングのデメリットを知っておこう

もう1つのデメリットとしては消費者金融系の場合は総量規制が適用されることにあります。
総量規制とは年収の3分の1までしか借入することができないというルールであり、このラインを超えることはできません。
ですので、年収によっては自分が借りたい額を借りられないこともあるのです。
最近では正社員であっても年収が伸び悩む人が多く、年齢を重ねれば重ねるほど出費に関しても多くなります。
そうした出費を埋めるためにキャッシングを利用しようとしても、総量規制の問題から利用できないかもしれません。

ただし、総量規制は貸金業法の対象となる消費者金融系で行われるもので、銀行法が根拠となる銀行系キャッシングは対象外となっているので、覚えておくと良いでしょう。


プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結