お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

銀行系と消費者金融系の違い

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

    

キャッシングを調べてみると、銀行系キャッシングと消費者金融系という言葉が出てくるはずです。
最近ではキャッシングサービスを提供する企業も多くあるので、大まかな分け方であるとは言えますが、具体的にどんな違いがあるのかを考えてみましょう。

銀行系キャッシングと消費者金融系の大きな違いを理解しておこう

そもそも話ですが、銀行系キャッシングとは銀行が母体となって行っているキャッシングサービスのことを指します。

対して、消費者金融系とは消費者金融が行っているキャッシングサービスのことで、この2つには明確な違いがあるのです。
その大きな違いが総量規制の対象であるかどうかになります

総量規制とは貸金業法の改正に伴って導入された規制のことです。
この規制が導入される前は、貸金業者側の貸し過ぎが問題視されていました。

貸し過ぎというのは、債務者の収入からすると返済できないような額を貸し付けていたということです。
結果、自分の収入以上の返済を迫られることになり、借金返済のために他社から借金をして返済するという多重債務に陥ってしまう人が増加し、最終的には自己破産をするなどで社会的な問題となっていました。

これを解消するためにと導入されたのが総量規制です。
総量規制とは年収の3分の1以上の借入はできないというルールであり、1社に対してではなく、借入金のすべてに対して適用されます。
つまり、複数の貸金業者からお金を借入していても、年収の3分の1以上は借入できないとした訳です。

この総量規制の対象となるのが消費者金融系です。
銀行系キャッシングに関しては、銀行法が根拠となることから総量規制の対象外となります。

銀行系キャッシングは総量規制の対象外!

例外として、おまとめローンなどで複数の消費者金融の借金を一本化する際に、債務者が有利になる場合は年収の3分の1を超えた借入ができるので覚えておくと良いでしょう。
この債務者が有利になる借入とは金利のことだと考えてください。
金利の負担が減ることで返済額は同じでも利息の負担分が軽減されますので、例外として設定されているのです。

総量規制による銀行系キャッシングと消費者金融系の違いを知っておこう

総量規制の対象になる消費者金融では、基本的に収入がなければ借入することができません。
年収の3分の1という規定があるから当然です。
ですので、原則として消費者金融系では専業主婦の人は借入することができませんが、銀行系キャッシングなら借入もできます。

専業主婦の方の借り入れは銀行系キャッシング

ただし、専業主婦の人でも配偶者の同意が得られる場合は別であり、同意書があれば消費者金融系からでも借入可能です。