お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

即日融資の流れ

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

    

即日融資の流れとは?

急にお金が必要になってしまったけれど手元に現金がなくて困った!と言うような経験は誰にでも起こりうることです。
そんな時に大変便利なのが、即日融資のシステムです。
ただし借入金を受け取るまでのプロセスが多少複雑なので、初めてだと手間取ってしまうかもしれません。
いざと言う時に慌てなくて済むように、こちらでは即日融資の流れについてわかりやすくご説明いたします。

即日融資の手順

即日融資を受けたいと思った時の手順を簡単にご説明すると下記のようになります。

  1. 必要な書類を準備します
  2. ネットから申し込みを行います
  3. 勤務先に在籍確認が入ります
  4. 審査の結果を確認します
  5. 融資を受けます
  6. カードや書類を受け取ります

ここからは、それぞれの項目について詳しく解説いたします。

必要書類を準備

まず初めにやらなくてはいけない事は、融資の申し込みに必要な書類を準備することです。
その中でも絶対に必要になのは、本人確認書類になります。
具体的に本人確認書類とは『運転免許証』『パスポート』『マイナンバーカード』などの事で、本人の顔写真が入った身分証明書になるものの提出が求められます。
もし、それらの書類に記載の住所が現住所とは違っているような時は、住民票の写しや公共料金の領収書なども併せて用意するようにします。

また、一定額以上を消費者金融から借入れようとする場合には、総量規制と言う法律により収入の証明書を提出する事になります。
借入金額が50万円を超える場合や、他社も含めた借入金の総額が100万円を超えるような場合には、給料明細書や源泉徴収票などを準備してください。

銀行での借り入れは総量規制の対象ではありませんので、収入証明書の提出は義務化はされていませんが、実際には各銀行が独自に決めたルールがあり、一定金額以上借り入れるような場合には収入証明書の提出を求められる事が多いようです。
銀行によってその金額は異なってきますが、100万円~300万円程度であると言われています。

ネット(スマホ)から申し込む

即日融資の申し込みは自動契約機でも可能ですが、スムーズに申し込みをしたければパソコンやスマホを用いてインターネット経由で申し込むのが1番です。
ネットで申し込む事によって先に審査結果がわかりますので、わざわざ自動契約機まで行ったのに審査に落ちたと言うような無駄足にならずに済みます。

ただし、即日融資の場合ネットにて契約を完了させるのか、もしくは自動契約機で契約を完了させるのかで、申し込み時間に違いが生じます。
各消費者金融や各銀行によって、多少条件は違いますが概ね次のような違いがあります。

  • ネット完結で契約して融資を受ける場合 … 早い時間にネットから申し込み
  • 自動契約機で契約して融資を受ける場合 … 比較的遅い時間でもネットで申し込み可

また、ネット完結で即日融資を受ける場合にはほとんどの会社で、特定の銀行の口座を用意する必要があります。ですから指定される銀行口座を持っていない場合には、ネットで申し込みをしてから、自動契約機で契約を完了させ融資を受ける流れの方が良いでしょう。
以下に、ネット完結の場合と自動契約機での申し込みの場合での各社の締め切り時間をご紹介します。

【プロミス】
ネット完結 … 14時まで
自動契約機 … 20時までの申し込み

【三井住友銀行カードローン】
ネット完結 … 対応不可
自動契約機 … 20時までの申し込み

【アコム】
ネット完結 … 14時まで
自動契約機 … 20時までの申し込み

【モビット】
ネット完結 … 14時まで
自動契約機 … 19時までの申し込み

【アイフル】
ネット完結 … 13時まで
自動契約機 … 20時までの申し込み

【新生銀行カードローンレイク】
ネット完結 … 14時まで
自動契約機 … 20時までの申し込み

【みずほ銀行】
ネット完結 … 午前中
自動契約機 … 対応不可

【千葉銀行】
ネット完結 … 午前中
自動契約機 … 対応不可

【静岡銀行カードローンセレカ】
ネット完結 … 午前中
自動契約機 … 対応不可

【ライフティ】
ネット完結 … 午前11時前まで
自動契約機 … 対応不可

このようにほとんどの会社がネット完結の場合は14時か午前中に申し込みを締め切っています。
一方自動契約機に対応している会社では20時まで受け付けているところが多いようです。

尚、アコムやプロミスは、特定の銀行口座を持っている場合にはネット完結でも多少遅い時間でも受け付けてくれます。アコムは楽天銀行、プロミスは三井住友銀行の口座が必要になっています。

また、申し込んだ後に本人確認書類等の必要書類を送付する場合がありますが、そのような時には書類をデジカメやスマホで撮影してメールなど添付して送ります。

勤務先への在籍確認

申込みが滞りなく受理された後には、次は勤務先に在籍確認の電話が掛けられます。
在籍確認と言うのは、申し込みの際に申告している会社が実際に存在しているか、そしてその会社に申し込んだ本人が実際に在籍しているかを確認するために行われるものです。

勤務先に電話がかけられる時には、会社名ではなく個人名を名乗りますので勤務先に融資を受ける事が知られてしまう事はありませんから安心して下さい。
本人が電話に出れば問題ありませんし、外出などで席を外していても他の人が在籍している旨伝えてくれれば、それで在籍確認は終了します。

ただし、この在籍確認が完了しないと審査自体が前に進めませんので注意が必要です。
特に勤務先が休みの土日祝日などに即日融資を受けたい方は気を付けて下さい。
そんな中、プロミスではフリーコールに電話し勤務先が休みで在籍確認が難しいと伝えると、在籍確認を後日にしてくれる事もあります。
全てのケースで要求が通るわけではないようですが、覚えておくと便利かもしれません。

審査の結果確認・ネット完結で融資を受ける

審査結果はメールもしくは電話にて知る事ができます。
審査に通過した事がわかった時点で、すぐに契約の手続きに入るようにして下さい。

この後の流れは、ネット完結と自動契約機での契約で異なって来ますので、まずはネット完結のケースからご説明いたします。

ネット完結では、審査通過の後契約内容を知らせるメールが送付されますので中身を確認し、指定された手続きを行います。
そしてその後、続けて指定口座へ借入金を振り込んでもらう手続きに入ります。

ネット完結で借入金の申し込み手続きをするには主にふたつのパターンがあります。
ひとつめは会員サイトでログインし振り込みの申し込みをする方法で、プロミスやモビットなどで採用されています。
もうひとつは、サポートセンターに電話して送金の依頼をします。
アコムやアイフルなどがこちらの方法になります。

前にも述べましたが、ネット完結は対応している時間が短いので、なるべく早めに動くようにしましょう。
もしも時間に間に合わなかった場合でも、自動契約機での借り入れに切り替えれば即日融資を受けられる可能性もあります。
1度サポートセンターに電話し、事情を話して相談してみましょう。

自動契約機で融資を受ける

ネット完結でない場合には審査通過の連絡の後、自動契約機で契約を完了させる必要があります。
契約が完了すればその場でカードを受け取る事ができ、借入の申し込みも即可能になります。

ただし、自動契約機については注意するべき事がふたつあります。
ひとつ目は自動契約機の営業時間を確認しておくという事です。
会社によって自動契約機の営業時間は異なりますし、また同じ会社でも場所によって違う事もあります。せっかく出向いたのに自動契約機の営業が終了していたら即日融資は不可能になりますから、しっかり確認してから行くようにして下さい。

ふたつ目は必要書類についてです。
会社によって、契約の時に本人の確認書類や収入証明書等の書類が必要なケースもあります。
これらは審査通過後のメールなどに記載されているはずですから、しっかり確認して不備のないようにしてから自動契約機まで行くようにして下さい。

カードや書類の受け取り

ネット完結の場合、後日自宅にカードや契約書類が送られて来る場合があります。
具体的に言うと、プロミスとモビットはカードや書類の受け取りはありませんが、それ以外のアコム・アイフル・レイクなどは自宅あてに郵送される事になっています。

郵送される際には会社名の入らない封筒で来るため、家族に知られる事もないかと思いますが、どうしても自宅には送らないでほしい場合には、受け取りを自動契約機に変更する事も出来ますので、サービスセンターに電話してみて下さい。

即日融資の申し込み前に覚えておくこと

以上が即日融資の流れになりますが、ご理解いただけましたか?
この手順を頭に入れた上で、即日融資の申し込みをする前に覚えておきたいポイントについてご説明いたします。

申し込みは早めに

即日融資を受けたければ、なるべく早い時間にネットで申し込みをすると言うのが大きなポイントです。
締め切り近い時間に申し込んで、書類の確認や在籍確認に時間がかかると融資が翌日以降になってしまう事もあります。
どうしてもその日のうちに融資を受けたいのであれば、午前中の早い時間に申し込みを済ませるようにした方がよいでしょう。

ネット完結で取引を完了するのが楽かもしれませんが、ネットで申し込んで自動契約機で契約すると言うパターンであれば、比較的遅い時間まで対応してくれる上に、自宅にカードや書類が送られる事もないので選択肢のひとつとして考えると良いと思います。

いずれの方法にしても、どこかで手続きが滞ると即日融資が受けられなくなりますので、とにかく早め早めの行動を心がけるようにしましょう。

会社によって条件等が違うので注意

同じ即日融資を受けるにしても、その条件や手続き方法は会社によって異なっています。
例えばネットで申し込みが完結する会社もあれば、申し込んだ後に何らかの手続きが更に必要な会社もあります。

具体的にはプロミスの場合、WEB完結で平日の14時までに契約を終わらせればその日のうちの融資が可能になりますが、アコムやアイフルの場合には契約が終わった後にサポートセンターに電話して今日中に送金してほしい旨を伝える必要があります。

また、プロミスやアコムなどの大手の会社は、複数の銀行の口座に対応していますが、千葉銀行やみずほ銀行等は自行の口座がないと即日融資はできません。

このように、即日融資を受ける条件などはそれぞれの会社によって異なっていますので、事前にしっかり調べて、自分に合った方法で即日融資が受ける事ができる会社を探しましょう。

即日融資の流れのポイントまとめ

即日融資を受ける際の流れについてご説明して来ましたが、そのポイントについてまとめてみましょう。

  1. 必要書類を事前にしっかり準備してネットで申し込みましょう
  2. 一定額以上を借り入れる場合には、収入証明書の提出が必要です
  3. 土日祝日などに借り入れる場合、勤務先で在籍確認ができるか注意しましょう
  4. 審査結果が通知されたら、すぐに振り込み依頼の手続きをしましょう
  5. 基本的には後日カードや書類を受け取る事になります
  6. 確実に即日融資を受けるため、事前の調査をしっかりして早めに申し込みましょう