お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

即日融資のメリット・デメリットについて

プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

モビット スマホ・パソコンのみのWEBで完結

    

即日融資のメリット・デメリット

普通お金を借りたいと思った時には、銀行やその他の金融機関に申し込みを行ってから、実際にお金を手に出来るまでは早くても数日、通常は1週間程度は掛かります。
しかし「即日融資」であれば、その名前通り申し込んだその日にお金を借りることが出来ますので、どうしても今日中にまとまったお金が必要になってしまった時などにはとても助かります。

このように即日融資の最大のメリットは「早さ」ですが、実はデメリットが全くないかと言えばそうとも言えません。
こちらでは即日融資のメリット・デメリットについてご説明いたします。

即日融資のメリット

前述の通り、即日融資のメリットで1番大きなものは言うまでもなく「早さ」ですが、その他にもメリットはいくつかあります。具体的にどのようなメリットがあるかご紹介いたします。

審査がスピーディー

即日融資がなぜその日のうちに融資を受けられるかと言えば、それは審査がスピーディーであるという事です。
消費者金融では銀行に比べて審査が早いと言っても、通常の融資では1~2日程度は掛かります。
しかし即日融資を行っている銀行や消費者金融などの業者では、申し込み当日に審査から借入までが行われるのです。
審査が早い、という事はその後の対応も取りやすいという事につながります。
審査に通ればすぐにお金を借りられますし、もしも審査に落ちてしまったら、その後の対策をすぐに立てることが出来ます。
早ければ30分ほどで審査の結果がでる業者もありますので、審査に通らなかった場合にはすぐに別の業者に申し込むことも出来るので、審査の早さはとても大きなメリットと言えるでしょう。

契約やキャッシングまで短時間

審査に通過したら、その後の契約やキャッシングまでを短時間で行えるのも、即日融資のメリットのひとつです。
通常融資だと時間の掛かる契約も、即日融資であれば短時間で可能です。
通常ですと消費者金融に比べて審査の厳しい銀行では、特に実際の融資までかなりの時間を要する事があるのです。

しかし即日融資であれば、手順を踏めば急いで融資をしてもらう事も可能になります。
例えば契約後にサポートセンターに電話をかけ「今日中に振り込みをお願いしたい」と言えばそのように手配してくれる会社もあります。

またネット完結のシステムを採用している会社であれば、家から出ることもなく最短で30分程度で融資を受ける事が可能です。
このようにすべての過程が短時間で済むという事が、即日融資の大きなメリットのひとつです。

土日祝日でも融資が受けられる

土日祝日にも対応している会社であれば、休日に即日融資を受ける事も可能です。
急な外出や出張など様々な理由で、休日でもお金が突然必要になる事はあると思います。
そんな時即日融資でお金を手にする事ができればとても助かります。

ただし、土日祝日にネット完結で即日融資をしている会社は非常に少なくなりますので注意は必要です。どこでも借りられるという訳ではないのです。
とは言っても、事前にネットで申し込みを済ませ自動契約機にて契約を完了させれば、平日とほぼ変わらない早さで融資を受ける事ができると言うのは大きなメリットです。

即日融資のデメリット

このように大きなメリットのある即日融資ですが、実はそのメリットが逆にデメリットとなる事があるのです。その事についてご説明します。

金融機関によって条件がバラバラ

即日融資を受けられる条件と言うものが、各金融機関によってバラバラで分かりにくいと言うデメリットがあります。こちらで主な業者の条件をご紹介します。

【プロミス】
ネット完結で即日融資の場合

  • 平日の14時までにWEB完結で契約完了させる事
  • 三井住友・三菱東京UFJ・みずほ・ゆうちょ・セブン・イオン各銀行を振り込み先に指定
  • 通常の即日融資の場合

  • 20時までにネット申し込み
  • 22時までに自動契約機で契約完了させる事
  • 【アコム】
    ネット完結で即日融資の場合

  • 14時までに必要書類の提出完了
  • 書類とカードの受け渡しあり
  • 通常の即日融資の場合

  • 20時までにネット申し込み
  • 21時までに自動契約機で契約完了させる事
  • 【モビット】
    ネット完結で即日融資の場合

  • 平日14時までに申し込み完了
  • WEB完結申込で振り込み手続きを完了させる事
  • 社会保険証もしくは組合健康保険証を持っている事
  • 三井住友・三菱東京UFJいずれかの銀行口座を持っている事
  • 通常の即日融資の場合

  • 19時までにネット申し込み
  • 21時までに自動契約機で契約を完了させる事
  • 【アイフル】
    ネット完結で即日融資の場合

  • 申し込み画面の「当日融資希望有無」で「希望する」を選択
  • 13時までに申し込み手続きを完了
  • 通常の即日融資の場合

  • 20時までにネット申し込み
  • 21時45分までに自動契約機で契約を完了させる事
  • 【レイク】
    ネット完結で即日融資の場合

  • 平日14時までに必要書類の確認と申し込み完了
  • 通常の即日融資の場合

  • 20時までにネット申し込み
  • 21時までに自動契約機で契約を完了させる事
  • 【三井住友銀行】
    ネット完結で即日融資の場合

  • SMBCダイレクトの口座を持っていないとネット完結は出来ない
  • 通常の即日融資の場合

  • 17時までにネット申し込み
  • 20時までに自動契約機で契約を完了させる
  • 申し込みの画面にてカードの受け取りをローン契約機でと選択する事
  • 【みずほ銀行】
    ネット完結で即日融資の場合

  • 午前中にWEB完結申込を完了
  • みずほ銀行の普通預金口座を持っている
  • みずほダイレクトを利用している
  • 通常の即日融資の場合

  • 15時までに銀行窓口で申し込み完了
  • みずほ銀行の口座を持っていなければ即日融資は出来ない事
  • 以上のように、各会社によって即日融資の条件がバラバラであり、更に同じ会社の中でもネット完結で即日融資の場合と通常の即日融資の場合では条件や方法が異なるなど、非常に複雑でわかりにくくなっています。
    これが即日融資のデメリットのひとつと言える事です。

    通常の融資より時間がシビア

    締め切り時間までに申し込みが間に合わない場合には、即日融資を受ける事は出来ません。
    特にネット完結で即日融資を受ける場合には、締め切り時間はさらに厳しくなります。

    アコムを例に挙げてみます。
    一部の銀行を除き、14時までにネットで申し込みを済ませていない場合には、即日融資を受ける事は出来ません。
    注意しなければいけないのは、この場合14時までに申し込みをすればよい、と言う訳ではないという事です。
    申込みが完了する、と言う定義は申し込みが受理されて、なおかつ必要書類もすべて提出されているという事です。

    ですから14時に申し込んでも書類に不備があったり何らかの不手際があったりしたら、即日融資は受けられないという事になります。
    そうならないためにも、どうしても即日融資を受けたければ午前中の早い時間に申し込みをしておく必要があります。

    ここではアコムを例に挙げましたが、その他の会社でも同じ事です。
    即日融資は時間にシビアに対応すると言う事を覚えておいて下さい。

    土日祝日は利用しにくい

    土日祝日にも融資を受けられるのが即日融資のメリットでしたが、残念ながら平日に比べると利用しにくいと言うデメリットもあります。

    自動契約機を使って融資を受けようとする場合にはそれほど影響はありませんが、ネット完結で土日祝日に融資を受けようとすると大変不便です。

    と言うのは、土日祝日はたいていの銀行は休みであり、振り込みができないからです。
    そのため、平日であれば様々な銀行への振り込みを対応する会社であっても、土日祝日は特定の銀行にしか対応が出来ないと言うケースもよくあります。

    プロミスを例に挙げますと、平日であれば三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などの大手はもちろんの事、地方銀行の口座でも融資を行います。
    しかし、土日祝日にネット完結をする場合には三井住友銀行の口座が必ず必要です。
    それ以外の銀行口座には対応していないので、持っていなければネット完結の即日融資は不可能という事になってしまいます。

    更に、土日祝日はどこの会社もスタッフの数が限られますので、審査のスピードも平日よりは遅くなる傾向にあります。
    また、在籍確認を行おうとしても勤務先が休みで確認が取れない場合には審査が進まないという事になってしまいます。

    このように土日祝日にネット完結で即日融資を受けるのには様々な問題があるのです。

    即日融資は早めに申し込む

    即日融資のメリット・デメリットについてご説明して来ましたがいかがでしたか?
    即日融資は、急にお金が必要になった時にすぐに借りられるので便利である事は間違いありませんが、実際にお金を手にするまでのハードルは高いかもしれません。

    即日融資で最も重要なのは時間ですので、どうしてもその日のうちに融資を受けたいと言う人は、早め早めの行動が大切です。
    書類の不備などがないように気を付けるのはもちろんですが、例えば14時までの申し込みが必要な会社だったとしても、午前中の早い時間に申し込みに行くくらいのつもりで動きましょう。

    即日融資のメリット・デメリットのポイントまとめ

    ここまで即日融資のメリット・デメリットについてお話してきましたが、そのポイントについてまとめてみましょう。

    1. 即日融資の最大のメリットは「早さ」
    2. ネット完結の即日融資なら手続き時間を大幅短縮
    3. 土日祝日にも即日融資を受けられるのはメリットだが、使いにくいの面も
    4. 即日融資の利用条件が各会社でバラバラなのはデメリット
    5. 即日融資は通常融資よりも審査時間が厳しい
    6. 即日融資を受けるためには早めの行動を心がける