お急ぎの方の為のキャッシングの即日情報

キャッシングの審査について

    

あなたの属性が審査では重視されます

あなたがインターネット上でキャッシングを申し込む際には必ず、あなたの個人情報を入力することになります。
氏名や連絡先、仕事、年収、勤続年数、家族構成、お住まいの形態、借入他社の利用情報などが挙げられます。この情報を基にキャッシング業者がいくらまで貸せるのか、全く貸すことができないのか等を判断します。

以前は直接、店頭の窓口に融資を申し込みに来る人が多かったため、容姿や言葉遣い、第一印象なども加味して融資を決めることもできましたが現在は無人契約機やインターネットからの申し込みが多数なので先ほどの個人情報だけが判断材料になります。

では、個人情報の中でどこの項目が重要視される傾向にあるかというとキャッシング業者によって判断基準が異なるのですべての業者に当てはまるとは一概には言えませんが以下の点が挙げられます。
まず、安定した職業に就いているかという点があります。基準として公務員や自衛官などは安定しているとみなされ信用度が高く、また、会社員の中でも勤続年数が長ければ長いほど信用される傾向にあり1年未満だと不利になるようです。自営業者の方も不利だと判断されがちです。つまりはキャッシング業者は審査の際は安定性を第一に捉えている傾向にあります。年収については入力するときに自己申告するのでそれほど重要なポイントとして見られてないように感じるかもしれませんが貸金業法の改正により年収の1/3までしか融資できないと定められているので所得がわかる源泉徴収票等を提出することもあるので注意が必要です。

次に他社からの借入状況についてですがこの部分も重要なポイントになります。もし、他社からの借り入れがあるならばそれだけでもマイナス要素といえます。ましてや返済を滞納していたりすると審査を通るのは絶望的です。また、虚偽の報告をしても金融機関同士で情報は共有化しているのですぐにわかってしまうので、正直に申告した方が良いでしょう。

年齢や既婚、未婚についても審査に関係があるようです。というのもキャッシング業者のターゲット年齢層が20代~30代に設定している業者が多く若すぎても収入が少ないと判断され逆に年を取りすぎていてもその年で貯蓄がないのは危ないと判断されることもあるようです。既婚者と未婚者ではどちらが審査が通りやすいかというとケースバイケースの為、一概には言えませんが未婚者の方が自由に使えるお金があると判断され、既婚者は逆に出費が多いから返済も厳しくなるのではないかと思われるようです。

現在では大部分の方が携帯電話をお持ちでしょう。もし、あなたが持っていないとしたら審査に通るのが厳しくなります。というのも、キャッシング業者側が連絡を取りたくても取れないと困るからです。以前は自宅に固定電話がないとマイナス要因になっていましたが今ではなくてもさほど審査には影響がないと思われます。

最後にお住まいの形態についてですが、持家と賃貸とでは持家の方が審査に関しては通りやすいようですがそこに住んでいる年数が重要なポイントになります。長く住んでいるならそれだけ家賃等を支払っているという実績にもなるのでキャッシング業者側から見てもプラスな要素として捉えられます。このような理由からすぐに住まいを変える人の印象は良いとは言えません。


プロミス お急ぎの方に圧倒的におすすめなのはプロミス

プロミス

女性に安心のプロミスレディースのご利用はこちら↓

レイク -新生銀行カードローン-

三菱東京UFJ銀行カードローン -バンクイック-