キャッシング即日ガイド













女性におすすめのレディースキャッシング

こちらもオススメです


即日でお金を借りるための基礎知識

どうしても今すぐお金が必要だ・・・そんな場面は人生で幾度となく訪れます。
当サイトでは、そのような方に向けて「即日で確実にお金を借りる」ための具体的なキャッシング方法最短の極意について解説していきたいと思います。

WEBでの申込が一番早い

少し前まで、キャッシングといえば電話での申込や無人契約機での手続きが主でした。
しかし現在ではインターネットの普及により借入の手続きはもっとスムーズになっています。今すぐのキャッシングを希望ならWEBが一番です。

WEBでのキャッシングの何よりのメリットは申込の審査結果がスグに分かる事です。そして仕事中の少し空いている時間などに短時間で申込を済ませられます。

大半のキャッシング業者は年中無休で24時間受付をしていますが、審査時間はそれぞれの会社の営業時間内である事を注意しなければいけません。

これまで必要書類の記入や提出などの手順は当たり前でしたが、今ではこれらを全てWEB上で終わらせることができます。
店舗まで足を運んで、必要書類が足りなくてまた家に取りに帰る・・・といった時間のロスは、これまでには良くあるケースでしたが、このような心配はありません。

そして対人での申込によるプレッシャーもWEBではありませんので気持ちの面でも楽であるといえるでしょう。

まとめ・・・スピード性・利便性を優先するならWEB申し込みが1番おすすめ出来ます

本人確認の証明書を忘れずに用意する

借り入れを行うには本人確認用の証明書が必要となります。
銀行のカードローンの場合は下記から1~2点、消費者金融の場合は基本的に1点で手続きができます。

以下が本人確認用に使用できる証明書です

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住基カード
  • 年金手帳

証明書の準備で注意しなければいけないのは「住民票」は本人でなくても入手できるので、確認証明書にはならないという点です。

早さなら「消費者金融の大手」を利用

キャッシングに早さを求めるなら、「消費者金融、さらに大手」に限定するのが賢い選択です。
なぜなら多くの銀行カードローンは、3段階の審査(仮審査・本審査・保証会社の審査)がある為、すぐに借入することが難しいからです。

そして消費者金融でも、中小業者は基本的にキャッシング方法が振り込みのみであり、即日キャッシングを謳っている業者でも、次の日に持ち越されてしまう場合が多いです。

実際の話、中小の金融業者に申し込みをする人は、すでにいくつかの業者からキャッシングを行っている場合が多いです。もちろんこのような利用者に対しては、金融業者としては慎重に審査を行います。なので早さを重視するなら中小業者も避けておいたほうが安心です。

ではなぜ大手金融業者がベストなのかについて説明をしていきましょう。
たとえば長期的にキャッシングを使いたいなら、金利が少なく手数料も無料である銀行カードローンの方が断然お得です。
なので、このような銀行カードローンの利点に対抗するために大手の消費者金融は「最大限、融資までの時間を早くする」ことを重視して、結果的には銀行系カードローン以上の市場占有率を獲得しているのです。
つまり大手消費者金融にとって「スピードは命」とも言えるものなのです。

アコムは過去に2時間とかからずに振り込み融資を実現したというケースがあるそうです。
早さに重点を置いて借りる場合はアコム、プロミス、モビット、新生銀行カードローン レイク(銀行カードローンだが、元々は大手金融業者のため大手金融業者同等の対応が可能)などをお薦めします。

まとめ・・・最速で融資を受けてるなら消費者金融

「利用希望額」の限度を決める

早く借りるなら、「借りる金額を50万円未満」にしましょう。
なぜなら、50万円以上のキャッシングの場合には「収入証明書」を用意しなければならなくなってしまいます。これは本人確認用の書類とは違って、スグに用意できるものではありません。
(収入の証明書には「支払調書」や「源泉の徴収票」や「確定申告書」や「給与の支払い明細書」や「納税の通知書」や「青色申告の決算書」や「年金の証書」や「所得の証明書」や「年金の通知書」といったものがあります)

ですので、予定を空けてこれらを準備する時間を作らなければならなくなるので、スムーズに借りるための支障となってしまうのです。
もう一つの理由としては「50万円以上の利用の場合は審査が厳しくなる」という点です。機械によるシステムでの審査に加えて、人間の目によるチェックも入りますので、審査時間がとても長くなってしまいます。

もし、どうしても今すぐ50万円以上借りたいという方は、50万円未満で2社から借り入れするのが早いです。
しかし、50万円以上のキャッシングに加えて、他社と合わせて、借入金額とこの残高の合計が100万円を超える場合は「収入証明書」を出さなければならなくなります。

その昔は各社からそれぞれ別々に審査して、次々にキャッシング、という借り方が容易でしたが、いまは指定の信用情報機関で利用者の情報の共有をおこなっているために、それぞれの人の借入金額と、過去の金融事故の履歴が金融業者に知られてしまっています。なので審査後にさらにもう1社から、という借り方は困難になっています。

指定の信用情報機関に申込の履歴はすぐに記載されるので、1社行って、次、というのは困難になっていますが、原則として書き込みの更新は「その日」のうちに行うので、タイムラグを利用すれば100万円以上の借り入れを他社に知られる事なく行えるケースもあるようです。
しかしそれは違法ですので、結論としては「50万円未満で借りる、それ以上のキャッシングを即日でしたいなら2社から借りる(しかし合計を100万円未満にする)」というプランで考えましょう。

まとめ・・・急ぎの融資なら限度額は50万円未満で申し込みをする

無人契約機を使う

どうしてもキャッシングしたい場合は振り込みでの融資になると前述しましたが、銀行の営業時間は15時までとなっていますので、それ以降になってしまうと次の営業日の反映となってしまいます。
要するに、平日の14時までに契約を完了しなければ、その日のうちに融資できなくなってしまう可能性が高まってしまいます。

そこで提案したい借入方法が「無人契約機を使う」というものです。
手続きの順番を説明していきましょう。

無人契約機での申し込み方法

  • 【1】インターネット上で借入の申込を済ませる。
  • 【2】審査をおこなっている時間に無人契約機に向かう。
  • 【3】必要書類の提出と契約を無人契約機によって行う。

という流れです。
意外と知られていない事ですが、無人契約機はカードの発行まで行うことができるのです。

カードは通常では契約後に郵送で約1週間ぐらい経った後に送られてきますが、契約機を使えば、その日中に発行することができます。この方法なら、14時までというタイムリミットを延長し、契約機の稼動している21時まで融資が可能となるのです。

事前に審査さえ通っていれば、あとの書類提出などは30分ぐらいで終わらせることができるので、審査を先にwebで申請しておくのが早く進めるコツです。
さらに審査完了の電話の時に、「今から無人契約機に向かって契約する」という事を伝えておけば、その際に必要な書類などを分かりやすく教えてくれるので、準備のミスも防ぐことができます。

無人契約機を設置しているキャッシング会社はアコムと、プロミスと、モビット(同じ系列会社の「プロミス」の契約機で利用できる)と、アイフルと、ノーローン(同じ系列会社の「レイク」の契約機で利用できる)と、新生銀行カードローンレイクとなります。

いま持っている銀行口座を利用

もし以下の銀行口座を持っているなら、借入がかなり便利となります。

三井住友銀行

「アコム」が初回の振り込み時限定で、振り込み実施時間が19時まで延長。
「プロミス」が24時間1年中、業者のメンテナンス時間を除いて、振り込み反映がリアルタイムで可能。

ジャパンネット銀行

「プロミス」が24時間1年中、業者のメンテナンス時間を除いて、振り込み反映がリアルタイムで可能。

ゆうちょ銀行

「アコム」が初回の振り込み時限定で、振り込み実施時間が19時まで延長。

楽天銀行

「アコム」が24時間1年中、業者のメンテナンス時間を除いて、振り込み反映がリアルタイムで可能。

三菱東京UFJ銀行

「アコム」が初回の振り込み時限定で、振り込み実施時間が19時まで延長。

以上が「急ぎで即日で借入をしたい方のポイント」になります。
借入の際の手助けとなれば幸いです。

体験談のご紹介

気軽に有効利用が出来るキャッシング

masa様(35歳・男性)の体験談です

今から10年近く前、乗用車で交通事故を起こし一時的にまとまったお金が必要だったにも関わらず、自分が勤める仕事の職務上の理由で毎月の給与が少なくなってしまった時期が重なってしまった際にキャッシング即日を利用した事がありました。
金額にして合計30万円程度、当時の私には非常に高額と言えるものでした。

キャッシング即日をした直接の原因はバイクの購入です。毎月の給与が従来のままであれば、頭金無しとなりますが然したる問題無く購入する事が出来たでしょう。しかし、生活費やその他支払いの関係でそれすらままならず、困り果てた私はキャッシング即日という手段を用いたのです。

30万円の借入から次の月から返済が始まりましたが、「現在、自分に借金がある」という現実が苦痛であった私は、すぐさま繰り上げ返済を試みました。しかし、繰り上げ返済を行うにも微々たるもので、何としても早急に返済したかった私は仕事を多くこなし、毎月の給与を出来る限り増やすという手段を取りました、キャッシング即日をした当時の月が9月であったので、その3ヵ月後に出るボーナスを合わせて返済完了。平均すれば毎月10万円返済した事になり、極めて早急な返済が出来たと自負しています。購入したバイクも現在進行形で絶好調で、今では良い思い出となっています。

結果的にはキャッシング即日に救われた形となります。もし金融機関等の窓口で融資の手続きをしていた場合、きっと私は暫くの間通勤する為の足が無く、仕事を休まざるを得なかったでしょう。当時は一人暮らしで、且つ近隣に公共の交通機関が何もなかったので助かりました。

この気軽さと速やかな融資が可能なキャッシング即日は、早急な資金繰りが必要な場合に極めて有効な手段だと言えます。しかし、返済を長期にした場合は利息の問題が重く圧し掛かってくるので、出来る限り早急な返済をする事をお勧めします。
計画的な利用が可能であれば、キャッシング即日という手段は思わぬピンチに見舞われた際の助け舟となるでしょう。

急ぎの現金が必要になった際に重宝します

oden様(48歳・女性)の体験談です

お金が必要になる時は、誰にでもあるものです。
人にとってはたいした理由でなくても、自分にとっては大事な事でお金が必要だという事は多いのではないでしょうか。
私がキャッシング即日を利用した時も、今考えればたいした理由でなかったように思います。
就職したしばらく経ってから、私はキャッシング即日を利用する事にしました。ハッキリと言えば、遊ぶお金がなくキャッシング即日を利用したのです。
当時は、あまり考えもなくキャッシング即日を利用していました。
就職したらお金が沢山あって、お金には困らないと思っていましたが、毎月の給料は車のローンや、ガソリン代、洋服代などであっという間に消えてしまいます。
ボーナスも車のローンでほとんど消えるので、いつもお金がなかったように思います。
そんな時にキャッシング即日の存在を知ったのです。
友達と旅行にも行きたかったし、彼とも遊びに出かけたかったし、思い切ってキャッシング即日を利用する事に決めました。
今思えば少し我慢して、お金を貯めておけばよかったなと思うのですが、当時は遊ぶのに忙しかったのです。
キャッシング即日を利用する時に、なぜだか少し罪悪感があるのですが、借りてしまうと自由にお金が使えるので楽しいものです。
いつも困った時にはキャッシング即日を利用していました。
お陰様で、友達との旅行や、彼とのお出かけも楽しめましたし、本当に楽しい思い出となっています。
返済は毎月していたのですが、少しづつは残っていました。
完全に返済をしたのは、結婚が決まった時です。
結婚後は仕事を辞める事が決まっていたので、その前に綺麗にしておこう、と思ったのです。
残っている分をきちんと返済した時には、ホッとしたものです。
同時にもうお金を借りる事は出来ないのだな、と寂しくもなりました。
キャッシング即日は私にとって、本当に大事なものでした。
家族にもお金の相談も出来なくて、困っていた時に私を助けてくれたものと思っています。
キャッシング即日はきちんとした使い方をすれば、日々の生活を助けてくれる便利なものです。

お役立ち情報

コラム

インターネットと電話を利用しましょう

明日、引落しがあるのに、銀行口座の残高が足りない時、あなたならどうしますか?
そんな時は、即日利用することができるキャッシングを利用しましょう。
最近、銀行や消費者金融のサービスはスピードがアップしていますから、即日利用することもそれほど難しくはありません。
お金が足りない時は、インターネットや電話から申込んでみてください。
必要事項を申込フォームに入力、または電話で伝えてほんの数分で審査結果がわかります。
本人確認書類の送付も、インターネットやスマートフォンで手軽にすることができます。
スマートフォンを利用すれば、本人確認もその場で済ますことができるため、最短30分でキャッシングをすることも可能です。
残高が不足している銀行口座にお金を振り込んでもらえば、ローンカードが発行されるまで待つ必要もありません。
もちろん、その後送られてくるローンカードを利用すれば、店舗や提携ATMでいつでも利用することができます。
銀行への振込みの場合、入金する銀行の都合もありますから、銀行の営業時間に借入を済ませる必要があります。
銀行の休業日には翌日の振込になりますから注意しましょう。
消費者金融によって、当日振込が可能な時間帯が違いますから、即日利用できるかどうか申込む前にチェックしておくことをおすすめします。
振込を申し込んだから大丈夫だと思っていたら、間に合わなかったというのではいけません。
そのようなことにならないように、当日振込んでもらえるのか事前にチェックしておくことが大切です。

即日でキャッシングをしたい時は

即日、融資を行っている消費者金融が増えていますから、急にお金が必要になったとしても慌てる必要はありません。
即日でキャッシングをしたいのなら、まずそれぞれの金融機関にいつまで申込めば良いのかチェックしてみましょう。
銀行であれば朝の10時までに申込みを完了させる必要があります。
消費者金融の場合は、それぞれの消費者金融によって違いがありますが、ほとんどの場合午後2時までに審査を完了させる必要があります。
そのため、銀行なら午前10時までに、消費者金融なら午後2時ごろまでに審査が完了できるように申込まなければなりません。
こう書くと急いで申込まなければならないと気持ちが焦ってしまうかもしれませんが、今はパソコンやスマートフォンで簡単に申込むことができますから、それほど焦る必要はありません。
空いた時間にスマートフォンで申込みをすれば、後は審査の結果を待てばよいのです。
消費者金融のなかには、申込み後の画面で審査結果がわかるところもあります。
信用情報の確認をオンラインで行っているため、短時間で審査結果を出すことができるのです。
申込み直後に審査結果がわかるわけですから、その日のうちにキャッシングをするのはそれほど難しいことではありません。
申込時、慌てず間違いなく入力するようにしましょう。
慌てて間違えることでタイムロスしてしまうだけでなく、審査に落とされる可能性もあります。
即日のキャッシングも今はそれほど難しいことではなくなっていますから、慌てず正確に入力することです。

必ず計画的な利用を心がけるべき

最近は、キャッシングサービスが大変身近なものになってきています。
都心部の駅周辺にはたくさんの店舗が軒を連ね、かなり気軽に利用することができるようになっています。
ほとんどの業者が、即日キャッシングサービスを提供しています。
店舗内にある無人ATM機で、オートメーション化された手続きができるようになっています。
ATMでは、手続き上不明な点が出ても、電話などで気軽に相談をすることができるので安心です。
こういった機器を利用すると、申請の時間が短いだけでなく、利用前の審査にかかる時間も大変短縮されます。
特に家計的な問題がなければ、ほんの数十分で手続きを完了させることができます。
また、返済手続きに関しても、同じATM機を使って、ほとんど銀行預金に現金を預け入れるかのような感覚で、とても簡単に返済手続きを終えることができます。
最近は銀行との提携をしている業者も増えてきており、銀行口座からの引き落としによる返済手続きもできるようになっています。
さらに、最近の傾向としてはインターネットからの申請も可能になっています。
自宅に居ながら、インターネット経由でキャッシング業者のサイトにアクセスして、融資申請の手続きをして、即日で指定の銀行口座へ現金を振り込んでもらうということも可能になっています。
しかし、いくら利用がしやすいといっても、借金をする事実に変わりはありませんので、必ず計画的な利用を心がけるべきです。

即日融資を希望するなら対応時間を確認

お金を借りる場合は肝心なときに間に合わせることができるように、余裕を持って手続きをしておくことが大切です。
とはいえ、出費は思いがけないことで起こることもあり、そうした場合は出来るだけ早く、当日にも融資を受けたいという場合もあります。
即日にお金を借りたいという場合はできるだけ手間がなく手続きができて、しかも融資が早いキャッシングを選んでみるのも良いでしょう。
キャッシングの良いところは来店なしでも手続きが行えることにあります。
インターネットからの手続きに対応しているところも多く、来店の手間がなく自宅からも手続きができますし、スマートフォンを持っていれば外出先からも申し込むことができます。
順調に手続きを済ませるためにはまずは必要書類を確認しておき、準備しておきましょう。
小額の利用であれば身分を証明できる書類を用意しておけば良いですが、ある程度まとまった資金が必要な場合は収入を証明できる書類の提出も必要です。
こうした書類も事前に用意しておけば、よりスムーズな手続きが行えます。
最近では多くの業者が即日融資に対応していますが、申し込む時間帯によっては翌日の融資になってしまう場合もありますので、注意が必要です。
遅い時間からの手続きとなると翌日の融資になってしまうことも多いので、できるだけ早い時間、振込で融資してもらう場合は銀行が営業している時間帯に手続きは済ませておきましょう。
即日融資に対応している時間帯は業者により違いがありますので、こちらも確認しておき、その時間までに手続きを行います。

急いで借り入れする際の注意事項

日常生活の中でもう少しお金があれば乗り切れたかもしれない、そう感じたことはないでしょうか。
冠婚葬祭が重なってしまったり、ショッピング中にどうしても欲しい物が見つかったり、お給料日直前になって生活費が足りないといった場合が、もしかしたらあるかもしれません。
そういった時にすごく便利なサービスがキャッシングになり、最近では申し込みをした当日に借り入れが出来る業者がおすすめです。
お金がないことを忘れていたり、思いもしなかった出費に頭を抱えているという方にはメリットがあります。
しかし即日で借り入れをするなら、きちんと注意事項を把握しなければいけません。
まずは当日中に借り入れをする場合、申し込みをした業者が何時まで営業している事前にチェックしましょう。
業者によっては時間内に申し込みをしないと、当日中に借り入れが出来ない場合があり、そうなると翌営業日の融資係になります。
平日にしか対応していなかったり、土日祝日は即日での借り入れが出来ないなど、業者によって特徴が違いますので注意が必要です。
中には24時間365日対応している業者もありますので、自分が借り入れするなら何時ごろの可能性があるか、きちんとイメージすることも大切だと思います。
そして指定の銀行口座をあらかじめ保有していれば、スピーディーに審査まで対応してくれる場合もあります。
キャッシングをする際には、便利な即日融資を選ぶのがメリットになるでしょう。

キャッシングを利用する時の審査

スピードが重視される今の時代、キャッシングも例外ではありません。
申し込みをしたその日に融資を受ける事が出来る、即日融資を行っている会社が多数あります。
早い所では20分とか30分で審査を終えて融資をしてもらう事も出来るので、どうしても直ぐにお金が欲しいと言う人にも便利なサービスだと言って良いでしょう。
しかしキャッシングを利用する時に避けて通る事が出来ない物があります。
それが審査です。
問われる事は自分に関しての事だけなので、事前に予習をしておく必要は全くありません。
何も準備をしていなくても、自分の事を正直に答えれば大丈夫です。
中には審査が無しと言う金融機関も存在していますが、正しく融資を受ける為には審査は必要です。
どれだけお金を借りたいと思っていても、必要ないと言う所には注意する方が良いでしょう。
さて、そんな審査ですが重視される事は何かご存知ですか。
多くの人がその人の収入ではないかと思うかもしれません。
しかし実際にはそうではない事をご存知ですか。
金融機関側は、その人に貸したお金を本当に回収する事が出来るかどうかを調べます。
そのため、どれだけ収入があったとしても、それが安定していなければ融資を受ける事は残念ながらできません。
申し込むところによってその基準は違いますが、大体半年以上その職場に勤めている必要があります。
そうすれば言い方を変えればアルバイトやパートであっても、即日キャッシングを利用できる可能性はあります。

キャッシングは即日融資が可能です

例えば住宅を購入する時や、車を買う時等にローンを利用したことがある人もいるでしょう。
仮審査と本審査を行ったりして、融資が決定するのは後日と言われたことがある人もいるはずです。
勿論住宅や車を購入するのは急に行う物ではないので、融資が決定するのが後日であってもそれほど問題はありません。
しかし急に葬儀の連絡が入ったとか、海外旅行の費用を払い忘れていたと言う時もあるでしょう。
手持ちもなく預貯金もない場合は、融資を受ける必要があります。
しかもすぐに融資してもらわないと、支払い期限にも間に合いません。
そんな時に便利なのがキャッシングです。
申し込みをしたその日に融資をしてもらう事も可能なので、急にお金が必要と言う時でも慌てなくて大丈夫です。
しかし、どの金融機関に申し込んでも融資をしてもらえるかとは限りません。
A社はダメでB社はOKと言う事も有ります。
即日と言っても30分程度は申し込みから融資までに時間が必要なので、A社がダメならB社、そこもダメならC社と順番に申し込みをする余裕はないと思っておきましょう。
そこでお勧めするのが仮審査です。
インターネット上にある金融機関のサイトを利用して、自分の希望額などを入力し融資可能かどうかを調べてみましょう。
まずはそれで融資可能と判断されるかどうかを金融機関を選ぶ時の基準にする事をお勧めします。
後は融資可能と診断されて自分が気になる金融機関にキャッシングの申し込みをすれば、即日キャッシングも不可能ではありません。

キャッシングを急ぎで借りるメリットとは

キャッシングの利用者のほとんどは、融資に緊急性を要しています。
お金が必要となるのが半年後ならば、家計管理や節約を徹底して工面することが可能でしょう。
しかし、急に子供が熱を出した場合などは、金融機関の開店を待つことができないはずです。
そんなときは、即日で借りられるキャッシングが役立ちます。
おすすめの借り方は、事前にカードを作っておくことです。
お金が必要になったときに、焦って申し込みをしても審査に通るとは限りません。
焦っているので業者比較も十分に行えないでしょう。
その結果、金利の高い業者から借りてしまうかもしれません。
業者比較をしっかりと行うためにも、緊急を要する前から契約しておくのが好ましいのです。
そうすれば、いつでも好きなときにATMで借りることができます。
現在はほとんどの業者がコンビニと提携しているので、年末年始や大型連休など、24時間365日体制で借りることができるのです。
そのためにも、利用枠の満額までは使わないようにしておきましょう。
50万円の利用枠をすべて満額まで使用していると、肝心なときに1円も融資を受けることができません。
キャッシングのメリットは、限度枠内なら何度でも借入・返済ができることにあります。
緊急を要するときに借りられるように、限度枠には20万円程度は残しておくべきなのです。
急に20万円以上の厳禁が必要となることは少ないので、ほとんどのケースにおいて対処できるはずです。

キャッシングのメリットである即日融資

キャッシングと言うと、ちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、銀行融資にはない大きなメリットもあるのです。
それは即日入金をしてもらえるという事です。
やはりお金がすぐにいるという時にこのメリットは大変大きなものになります。
銀行融資をしてもらうとしても、審査をしてもらってそれをパスして、お金を振り込んでもらうという手続きをするのに何日もかかり、即日なんてまずありえません。
そういう事ですぐにお金がいるという方にはそういう融資はあまり向いていません。
ただ、一番気になるのは利率です。
この利率が高いと返済が大変になります。
でも、怖がることはありません。
最近は法外な利率を科すことがちゃんと法律で禁止されるようになり、ちゃんとした消費者金融では返済する際に利息のみで元本が全く減らないというような事態になる事はありません。
そのちゃんとした消費者金融の見分け方としては誰もがよく知っている所を選ぶというのが一番です。
最近はインターネットも発達していて口コミ投稿も盛んです。
ですので、下手な事をすればすぐに評判になってしまうので、大手の所はそんな危険な事はしません。
あと、連絡先が携帯番号のみの所は避けたほうが賢明です。
ちゃんとした消費者金融を利用しつつ、即日融資のメリットを得られるのであれば安心ですので、もしお金に少し困った時はそういうキャッシングを利用しましょう。
なお、言うまでもありませんが、返済計画をきちんと立てるのはキャッシングする時気を付けるべき点です。